潜在意識の力でトップセールスマンになるには?

私は営業の仕事に転職をして、もうすぐ3か月になるところです。まだ、営業成績は良いとは言えませんが、やった分だけ給料が増えるこの仕事に魅力を感じています。
けれども私には大きな不安があります。私はお客様の前にでると緊張してしまい、うまく話をすることができないのです。先日、上司にも「接客態度に問題がある」と言われたばかりです。
もともと人と話すことが苦手ですが、何とかこの仕事を続けていきたいと考えています。

こんな私でも、営業成績を上げることができますか。私は、どんな練習をしたらいいでしょうか。

営業するにはキャラクターが大事

お客様から商品を購入してもらうためには、お客様に受け入れてもらえることが必要です。お客様に受け入れてもらうには色々な手段がありますが、その中で一番大事なものは、その人自身のキャラクターです。

お客様に良い印象をもってもらい、信用を得られなければ、商品を購入してくれることはありません。たまたま一度や二度購入をしてくれたとしても継続して営業成績を上げることは困難です。

そう考えると世の中色々な人がいますし、中には「私は、営業に向いていないから辞めるしかない」と思ったり、「自分をそっくり作り替えるしかない」と思いがちですが、こんな面白いエピソードがあります。

リーダーが行った助言とは

あるトップのセールスマンがリーダーになり、対人恐怖症の人達と営業チームを作りました。そのチームの人たちが他のチームを差し置いて、セールスで優秀な成績を上げたというのです。

対人恐怖症の人というのは、その文字通り、人と接することに恐怖を感じます。ですから人前に出るのはもちろん、お客様に電話を掛けることや直接会うことも至難の業です。

ですから、「そんな人たちを集めて接客をするなんて無理に決まっている」とこのチームの開発にはたくさんの反対が起こりました。インターネットの仕事は例外ですが、一般的に営業とは人と接することで成り立っています。ですから多くの人が「人と接することが困難な人が営業成績を上げることができる」とは考えにくいと思うのではないでしょうか。

けれども、結果的には、リーダーが行ったごく簡単アドバイスで、このチームは優秀な成功を収めることができたのです。

リーダーは一体何をしたのでしょうか。
彼は、普段眼鏡を掛けている人に対しては「営業をするときには、眼鏡をはずしてください」と言い、反対に普段眼鏡を掛けていない人には、「営業をするときには、眼鏡を掛けてください」と助言をしたのです。

 

自分への声かけでセルフイメージを上げる

リーダーが助言したたった一言で、対人恐怖症の人たちは精力的に仕事に打ち込むことができるようになり、他のチームの人たちよりも優秀な成績を上げることができたのです。

これはどうしてかというと、リーダーの一言が対人恐怖症の人たちの中にあった、自己肯定感の低さや、自己否定や気弱なセルフイメージを崩すきっかけとなったからです。

次のような男性もいました。彼は、営業の仕事をしていましたが、自分に自信がなく、接客することが苦手でした。営業成績は低く、給料も生活するのが、やっとで彼は何とか自分を変えたいと考えました。

営業や商売に欠かすことができない接客ですが、そのような仕事についていても自分に自信が持てずに、お客様とうまく話すことができないという人は多いものです。ノルマがある会社も多く、達成できなければ給料も低くなりますから死活問題になるといっても過言ではありません。

そういった人たちに私がお勧めするのが次の方法です。

毎日、仕事に行く前に鏡の向こうにいる自分にアファメーションをするのです。

例えばこのような声かけがいいでしょう。「私は、素晴らしい人間です。私は、人が望んでいることがよくわかります。そしてその人のことを考えられる人間なのです。私はいつも活き活きとしていてたくさんの人の役に立っている人間です」。

このような言葉を毎日繰り返しかけていくことであなたの自己肯定感の低さやセルフイメージは崩され、アファメーションのような言葉通りの人間に変化することができるのです。

彼はこの方法を受け入れて毎朝、鏡の自分に話しかけました。すると彼は、営業をすることが楽しくなってきました。多くのお客様から信頼されるようになり、3か月後にはその地区のトップセールスマンとして表彰されるまでになったのです。

コメントは受け付けていません。