つらい出来事は、成長するための試練と考える

私は40代まではまじめに生きてきたのに、50代に入って投資に手を出して、人生を台無しにしてしまいました。普通に貯金してもほとんどお金が増えないのに対し、株式投資では面白いようにお金が増えていったのがうれしくていい気になってしまいました。

大金をつぎ込んだら大きな損失を出してしまい、最後には破産するしかなくなりました。それが原因で、妻と子供に迷惑を掛けてしまい、離婚しました。持ち家は、借金の整理にとられ、会社にもいられなくなってしまい仕事も失いました。

今は、古いアパートで一人暮らしです。仕事も探していますが、この年なのでなかなか見つかりません。友達に世話になって何とか毎日を過ごせている状態です。

もう一度やり直したい、潜在意識を使って、人生を巻き返すことはできますか。

引き寄せの法則は誰にでも働いている

日本はバブルが崩壊してから不景気が続いています。資金を増やそうと投資話に乗っかってこのような状態に陥っている人は数多く存在しています。なかには借金が多額に膨れ上がり、どうにもできなくなって自己破産をし、何もかも失ってホームレスになってしまう人もいるのです。

人生のどん底ともいえるようなつらい状況になってしまうと、仕事もお金もなく、人間関係も希薄になりがちですので、立ち直りたくてもきっかけがつかみにくい状態です。そして一度このような状態にまで陥ってしまうと、「二度と這い上がることはできない」ような気持ちにさえなってしまいます。

けれども、引き寄せの法則は、誰にでも平等に働いています。

ですから引き寄せの法則を受け入れて生活をすれば、潜在意識の力が働き、たとえどのような状態であったとしても人生を変えることは可能です。

ですので、ホームレスになった人が大金持ちになれる可能性も充分にあるのです。

こんな男性の話を聞きました。

たとえどんなつらい状況でも引き寄せの法則は作用する

彼の人生は、一般的に考えれば不幸続きといってもいいのかもしれません。彼は交通事故にあい、全身の75%をやけどするという重傷を負ってしまいましたが、なんとか命をとりとめました。その後、強靭な精神力で回復をみせ、ビジネスで成功します。けれども今度は飛行機事故に遭遇し、半身不随の重傷を負い、車いすの生活を余儀なくされてしまいました。けれども彼は負けませんでした。その後も強靭な精神力で切り抜け、以前にもまして大成功をし、政界にまで進出したのです。
彼はどうしてこんなことができたのでしょうか。多くの人は瀕死の事故にあったら後遺症に苦しみ、中には落ち込んで自殺を考えたり、家に閉じこもってしまう人もいるでしょう。

ところが彼は、これらの不幸ともとれる出来事を全く違うこととしてとらえていたのです。彼は自分に起きた2回の事故を「トップクラスの人間になるための試練」として捉えていたのです。

このような前向きの思考ほど潜在意識にとってプラスになるものはありません。人はどのような考えを習慣として持っているかが重要なのです。

この男性と似たような状況に置かれた人が人生を立て直した例をご紹介します。

彼は、子供の頃に受けたひどい体験を大人になっても引きずっており、人間不信になっていました。彼は自分に対して強力な劣等感を持っていました。そのため何をやってもうまくいかず、仕事も人間関係を行き詰ってしまってどうしようもなくなってしまったのです。

人生には色々なことが起こります。何もかもうまくいかなくなったとき、自暴自棄になってしまう人もいますが、そのままでは何も変わることはありません。

自分の人生を変えることができるのはあなただけなのです。あなたの習慣になっている思考を変え、あなたの潜在意識を変えることなのです。

あなたの潜在意識を変えるためには、自分の人生の主導権は自分で握ると決めることです。
主体的に生きることができれば、どんなことがおきても前向きに捉える思考習慣が出来上がるのです。
彼は下記のような素直にアドバイスをうけて実行し続けました。

 

主体的な人間になるためには

では主体的な人生を送るには5つのポイントをお伝えします。

まず1つ目は、過去にどのような経験をしたとしても、潜在意識に新しい考えを刷り込むことができれば、その経験を捨て去ることが可能です。

2つ目は前向きな思考の習慣を作るために、自分の願望に基づいたアファメーションを作って一日に何度も繰り返し唱えることです。

3つ目は、どんなことがあっても、自分をさげすんだり、責めてはいけません。

自分に対するネガティブな発言もいけません。例えば「私はできない人間だ」「私は必要とされていない」「私には良いところがない」などの発言は禁止です。

4つ目は、毎日、自分は人から頼りにされて、周りから感謝されている姿をイメージしてください。会話をしている様子をイメージすることがさらに望ましいです。

5つ目です。これが一番重要なポイントです。

潜在意識の原則を心の底から信じることです。つまり自分が繰り返しイメージし、習慣になっている考えは必ず実現すること理解することです。
彼はこの5つのポイントを確実に実行した結果、自分の願望を実現しました。彼は主体的な人生を歩めるようになったのです。
これは誰にでも実現可能です。あなたもこのポイントにそって行動し続ければ、あなたの望む人生を歩けるようになるでしょう。

コメントは受け付けていません。