チャンスはいつでも身近に転がっているもの

 

私は40代の女性です。私は今までの人生野中でチャンスに恵まれたという経験をしたことがありません。私には恋人もいませんし、会社のお給料も少ないです。「このまま一生一人暮らしで質素な生活をしないといけない」と思うと本当に憂鬱な気持ちになります。私はいつも運が悪いのです。

私の知り合いには、びっくりするような幸せを手に入れた人がいるのに、どうして私にだけチャンスが訪れてくれないのでしょうか。

チャンスは目立たないもの

あなたのように「自分は運がない」「チャンスに恵まれていない」と思っている人は多くいると思います。けれどもそういった人はチャンスの本当の姿を知らないだけです。

本当は、チャンスはいたるところに転がっています。私たちはただそれに気が付いていないだけなのです。

チャンスは、誰にもすぐ見えるような巨大なポスターではありませんし、警報機のように大きな音を立てるものでも、ピカピカに光っている金の延べ棒のようなものではありません。

「ピンチはチャンス」という言葉があるように失敗や悲しみ、苦労などに形を変えていたり、何もない平凡な時にある、わかりにくくて目立たないものなのです。

ですから、それがチャンスであるということに気が付かない人のほうが多いのです。

あなたと同じように「私はチャンスに恵まれたことがない」と不満げに訴えた人がいました。

どんなことでもチャンスだと捉えられる

けれども私はそうは思いません。どんな人であってもどんな状況にいたとしても捉え方を変えればそれはチャンスになるのです。あなたはただチャンスに気が付いていないだけなのです。では、どうしたらチャンスだと気が付くことができるのかを一人の偉人の話を通してご紹介します。

あなたもヘレン・ケラーの話は聞いたことはあるのではないでしょうか。ヘレン・ケラーは果たしてあなたよりもチャンスに恵まれたと言えるでしょうか。

彼女は、1歳の時に高熱で視力と聴力を失ってしまい、言葉も不自由になるという三重苦を背負っていましたがそれを見事に克服した女性です。

そのきっかけは、サリバン先生という素晴らしい家庭教師に恵まれたことです。けれどもその出会いは、それは彼女が病気の苦しみを負ったからです。つまり、彼女の病気の苦しみは彼女にとってチャンスととらえることも可能なのです。

その男性はヘレン・ケラーのこの話に強い感銘を受け、今までの自分の考えを反省しました。

そして彼は「私は、本当はチャンスに恵まれていたのに、気付こうとしなかっただけだった」ということを理解したのです。これからは「いつもチャンスに恵まれていて自分はそれを受け取り、人生に活用できる」と考えを改めました。

そして彼は、自分の成し遂げたい願望を紙に書き、自分のアファメーションの言葉を作りました。そしてそれを毎日何度も唱えることを習慣にしたのです。そしてその習慣を続けた数か月後、彼の人生には大きな変化が訪れたのです。
彼は、素晴らしい女性と出会い、結婚をしました。そして妻と一緒に自分の会社を経営し、毎日幸せな毎日を送っています。今の彼は、結婚してすばらしい家庭を持ち、妻の協力を得て、自分の事業を経営し、充実した日々を送っています。

チャンスに気付けない3つの原因

実は、チャンスはいつでもあなたのそばにあります。すぐそこにありすぎて気が付かない人が多いですが、いつでもそばにあるのです。
チャンスに気が付くことができないのは、3つの原因があります。
まず1つ目は、自分の未来の姿をハッキリと決めていないことです。自分の行きたい方向がわからなければ、どれがチャンスなのかがわかりません。

2つ目は、他人のことを嫉妬したり、うらやんでいる場合です。外側に惑わされ、自分と他人を比較していては自分にとって本当に必要なものは何かが見えなくなります。何が必要かがわからなければチャンスがきてもそれを受け取ることはできないのです。

3つ目は、起きている状況や時代の流れに抵抗してエネルギーの無駄使いをしている時です。自分の願望を明確にし、潜在意識の力を信じて、宇宙の流れに身を任せましょう。あなたは自分の思考を変えるだけでいいのです。状況や時代の流れに抵抗してネガティブなエネルギーを放出してもチャンスを見極めることはできません。

そして大事なことはあなたがもし、チャンスをつかみたいと考えているのであれば、「私はチャンスに恵まれたことがない」などとと思わないことです。そのようなことを思っている間はあなたはチャンスをつかむことはできないでしょう。

コメントは受け付けていません。