「きちんと働いているのだから豊かになるのが当然だ」と心の底から感じる

私は、いつも損ばかりしています。世の中は、平等だと言いますが、私に起こっていることを考えると世の中は不平等だとしか思えません。私は酒もたばこもやりません。ギャンブルもしていませんし、法律もきちんと守っています。毎日、まじめに生きているのに私は運が悪いです。事業にも失敗してしまい、毎日苦しい日々を送っています。どうして一生懸命まじめに生きているのに損をするのですか。

「まじめに生きている人が損をする」という考えは盲点がある

「まじめに生きている人が損をする」、このように考えている人は多くいます。けれども心の原則からみるとこういった考え方には、大きな盲点があります。

例えば「迷惑」についてですが「私は人に迷惑をかけていない」と自分のした行動についていう人がいますよね。けれどもこれは本当に事実なのでしょうか。「迷惑をかけていない」というのはその人の意見であって相手の人はどう思っているのかはわからないわけです。本来、迷惑というのは、相手が感じることです。「私は迷惑を掛けていない」と自分勝手に判断できるものではないのです。

先ほどの質問もこれと似ています。「私は、酒やたばこもせず、法律も守ってまじめに一生懸命生きている」というのも自分の考えだけで判断しているものです。

法律やルールを守ったり、宗教などを信じて実行している人であってもそれは表面上だけの人もいるわけです。そして人から後ろ指をさされることをしていなくてもあなたの顕在意識が誤った認識をしている場合もあります。

顕在意識が誤った認識をするとそのような現実が起こる

もしあなたが今、自分の望んだとおりの人生を歩んでいないのだとしたら顕在意識が誤った認識をしている証拠です。

本来、人は誰でも豊かになれる存在なのです。けれどもネガティブな思考の習慣を持っているため、そのような現実を生きているだけなのです。
つまり、「私は運が悪くて、損ばかりしている。不幸な人生だ」と思っていれば酒やギャンブルをせず法律をきちんと守っていたとしても、自分の望む人生を歩むことはできないのです。

人生はまじめにしていればご褒美がもらえるというものではないのです。潜在意識は、自分が思考したものがそのまま現実に起こるだけなのです。

ですから質問した方は「自分は正しいことをしているのに世の中は不公平だ」と思っているのは勝手に自分で判断をして、ご褒美のように何かを期待していことになるのです。
では、そのような考え方を変えるためにはどうしたらいいのでしょうか。

あなたの思考や感情があなたの現実を作っています

それはあなたの思考や感情があなたの経験することを作っているのだということをきちんと理解することです。そしてあなたの思考の習慣を変えるのです。
「きちんと働いているのに豊かになれない」ではなく「きちんと働いているのだから豊かになるのが当然だ」と心の底から思うことはできないでしょうか。

「~しているのに」、「~していても」といういい方は、まだ起きていない未来を「できないこと」と決めつけている言葉です。人生は、そんな風に決められることではないのです。ネガティブな決めつけをしてしまえば、その通りの現実が起こることになります。

多くの人は、毎日、会社に出勤してきちんと働いていますよね。けれど日本人の50代の30%は全く貯金がないという調査結果が出ており、会社に勤めていても決して豊かになれるわけではないという現実があるのは確かです。そうするとそれを自分に当てはめて「まきちんと働いても豊かになれない」という思考になってしまいます。
けれども法律を守って酒もたばこもせず、きちんとまじめに生きている人が豊かになることができないのは、豊かさときちんとまじめにしていることに関係がないからです。

大事なことは、その願望を心の底から望むのか、それを拒否するかだけなのです。もし、豊かになりたいと思っているのであれば、心の底からそれを望んでください。

多くの人は多額の資産を持っている人を知ると、「何か不当な手を使ったのではないか」、「あの人は怪しい」などと思いがちですがそれは誤りなのです。実際に多くの富を手に入れている人というのは、一般の人よりもきちんと働いているものです。そしてずっと人に貢献しているものです。

そしてきちんと人に貢献し、働いているだけではなく、多額の富を望んでいたからこそ手にすることができたのです。

世の中のほとんどの人はきちんと働いていますが、多くの富を心の底から望むことはしていません。ですから潜在意識がその願望を叶えるための扉が開かれていないだけなのです。

ですから「豊かになりたい」、「多額の富が欲しい」と思っているのであれば心の底からそれを望むことが重要なのです。

コメントは受け付けていません。