感謝が願望を叶える近道となる

潜在意識の力を使ってもっと良い人生を歩みたいと思っています。ですがイライラすることばかりでなかなかうまくいきません
自分で言うのもなんですが、私は前向きな人間です。行動力もありますし、それなりに能力もあると思います。ですが、感情をコントロールするのが苦手でちょっとしたことですぐに頭にきてしまいます。すぐに怒ることが欠点だと自分でも思っていますし、家族にも指摘されます。潜在意識の力を使うにはどうしたらいいですか。

大事なことは普段の考え方

充実した人生を送るために最も大事なことは「普段習慣になっている考え方」です。それはどうしてかというとその人の普段の考え方が潜在意識に大きく影響するからです。例えば、物事を何でも否定的に捉えてしまう人と、何か起きても良い捉え方をする人では、全く違う人生を歩むことは想像できますよね。

ですが、普段の考え方というのは習慣になっているので、変えたほうがいいと思っていてもなかなか変えることができないのが実情です。

反対にすぐにコロコロと変わってしまうのが感情です。感情は自分で変えようと思わなくても何かのきっかけで簡単に変わってしまうものなのです。例えば、占いを信じている人であれば、朝の情報番組で占いの結果が悪いと今まで良い気分で過ごしていたとしても憂鬱な気分になってしまいます。
イギリスの作家のコリン・ウィルソン氏は「感情こそ人間にとって最大の敵かも知れない」と言っています。
感情の起伏が激しく、コントロールをすることが苦手な人は、周りの人に不安や恐怖を植え付けてしまうので、それが人間関係や仕事に反映し、支障をきたします。

感情は潜在意識に大きな影響を与えるため、起伏の激しさはマイナスになります。潜在意識の偉大な力を使うためには感情が安定していることが重要なのです。

怒りなどの感情が高ぶるときの脳波は、興奮を表すγ波または緊張を表すβ波になります。この時、脳内ではドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンといった有害なホルモンが放出されています。ですからいつも怒ってばかりいる人はストレスで病気になりやすいと言われていますね。けれどもそれだけではなく、怒ってばかりいることで人間関係は悪くなり、成功するチャンスも減ってしまいます。普段怒っていることが多いので、怒りたくなる出来事が繰り返し引き寄せられてきます。

β波からα波になる練習を積む

では潜在意識の偉大な力を利用するためにはどうしたらいいのかというと脳波をβ波から α波になるように練習をすることです。

例えば、人から何か理不尽なことを言われて頭に来ても興奮状態を表わす β波ではなくリラックス状態であるα波に意識的に変換するのです。

物事をマイナスの面からみてしまうので、イライラしたり怒ったりするわけですから、そうではなくて常に物事のプラスの面をみるようにするのです。
ですが、嫌なことがあって感情が強く揺さぶられるような時にはプラス思考でいることは難しいですよね。

そんなときに私がお勧めしたいのが「感謝」です。感謝することがいかに有効であるか、こんな例がありますのでお伝えしたいと思います。
ある男性は一家の大黒柱として働いていたのですが、会社からリストラされて職を失ってしまいました。一生懸命仕事を探していたのですがなかなか就職できず、食べていくのも大変な状況になってしまいました。
けれども「感謝することの大切さ」を知り、自分の内面にはもうすでに無限の富があることを受け入れてそれを与えてくれた宇宙の存在に心から感謝することにしました。感謝を実践していくこと今まで当たり前のように過ごしてきたこと全てが感謝に値することに気が付きました。
二週間が経過したとき、彼は以前働いていた職場の雇い主に数十年ぶりに再会し、その人の下で再び働くことができるようになったのです。
宇宙に感謝すると聞くと、胡散臭いと思う人がいるかもしれません。しかし、私たちは空気や水、自然など莫大な財産を宇宙から無償で受け取っているのです。物事をマイナスに捉えるのではなく、良い面を見てください。どんな状況であっても感謝できることは山ほどあるのです。与えられている恩恵に気が付き、そのことに感謝してください。

心から感謝をすると脳波がα波やθ波に変化し、心が安定します。

どんな状態でも心から感謝すれば感情は安定する

脳波がα波やθ波になると脳内はベータエンドルフインというよいホルモンが放出されるようになります。すると心は落ち着きとても心地よい気持ちになり、感情も落ち着くのです。ですから感情が高ぶりそうになったらどんな状況であっても感謝することです。心から感謝をすることで感情をコントロールできるようになるのです。

コメントは受け付けていません。