第三十八話 ひまわりさんの教え(エピローグ)

物語は終わりましたが
最後に私の命の恩人であり、マスター(人生の師匠)の「ひまわりさん」の教えを書いておきます。

  1. 世間体を気にしない
  2. 資格にこだわらない
  3. 学歴にこだわらない
  4. 時差代の価値観を積極的に取り入れる
  5. 旧世代の価値観はすぐに捨てる
  6. 無駄な努力をしない
  7. なまける事は進化につながる
  8. 嫌な事をしない
  9. 人をもので釣らない(高級品や食事をおごっていい気にならない)
  10. 死ぬまで学びを続ける
  11. 感謝の気持ちがない人には何も分け与えなくてよい
  12. お金の循環を常に意識する
  13. まずは自分から与える
  14. ワクワクを維持する
  15. 高級品を見せびらかさない
  16. 物を買うときに借金(ローン)をしない
  17. クレジットカードの色や限度額を競わない(デビットカードやプリペイドカードを持つ)
  18. 洋服は「洋服の青山」で十分、基本スタイルは白いシャツと紺色のスーツ、ブラウンの靴でOK
  19. 980円の白いシャツと2000円のジーンズでOKと言う考え方
  20. 基本的にフォーマルな服装を心がける
  21. 不良でもないのに不良と勘違いされるような服は一切着ない
  22. ブランドものは身に付けない
  23. ブランド物の時計はしない、したいならSEIKOの一番安い時計で十分と言う考え方。
  24. 酒を控える、または飲まない
  25. 煙草は吸わない(ひまわりさんはタバコを吸う人のにおいが嫌い)
  26. 動画配信の時は、変な装飾をしない(背景を合成したりなどはNG)
  27. シンプルに言葉で伝える事(過度な演出、BGMを使わない)
  28. 女性トラブルを避けるために複数の異性と同時に付き合うなどをしない
  29. 投資をするときには信用取引(レバレッジ)の禁止
  30. 投資をしたい場合は、基本的に銀行株などでの長期投資をすること
  31. カップラーメンなど、添加物まみれの食品を食べない
  32. 不良、チンピラと付き合わない(トラブルになりそうならすぐに弁護士と警察に相談)
  33. 安全運転を心がける
  34. 夜中に繁華街に行かない
  35. ネットに人の悪口を書かない
  36. SNSなどで豪華な食事の自慢などをしない
  37. サラリーマンを馬鹿にしない(サラリーマンが社会的地位が一番上と言う考え)
  38. 自分を慕ってくれている人を裏切らない
  39. 宇宙意識を大事にする
  40. 自然を大事にする
  41. 家族を大事にする
  42. コンサル生は、ソウルメイト(魂の家族)という意識を持つ
  43. 困っている人を助ける事をビジネスにする事で経済活動をする
  44. 物事には陰と陽がある事を理解し、自分次第で良い方にも悪い方にも解釈する
  45. 正しいことが何もない事を知る
  46. 傲慢にならない
  47. 先生にならない(○○先生と呼ばせない)
  48. 立派な人になろうとしない(カッコつけた作り話をしない)
  49. 人を馬鹿にしない

特にひまわりさんは、

立派な人になろうとするな
地位や名誉を求めるな

と言います。
「先生」になってはいけないという教えです。
先生と呼ばれたり、その存在が悪いというわけではなくて
ビジネスに成功したからと言って、自分から先生と呼べと強要したり
権威づけの為に、自分から「○○先生」などと自称したりと
未熟なうちに自分で先生などと言う事を禁止されています。
先生としての自覚や責任をもたない、と言う意味ではありません。
 
また、「ひまわりさん」の教えは必ず守らないと罰が当たるとか、天罰が下るとかそのようなものではありません。
基本的な軸をひまわりさんの教えにしておくことが大事と言う事です。
普段傲慢な人が、ひまわりさんの教えを知って、ちょこっとだけ傲慢な態度がなくなったり
ビール3本飲む人が2本に控える・・・といったささいな事でいいのです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。