第三十六話 ザ・シークレット②

ひまわりさんの事務所にて=========

ひまわりさん「昨日の続きになりますね、今日は人を育てるという話をします。

松田さんは、引き寄せの法則についてのセミナーはまだやってないんですよね?」

 

松田「はい、やってないですが、ネットの広告ビジネスやコピーライティングのセミナーやコンサルはやっています、その時に引き寄せの法則については少し話していますね

コアでマニアックな事は話しませんが、たとえば「自分次第で世界は変わる」といった自己責任マインドを話すときに少し引き寄せの法則について話す程度です。」

 

ひまわりさん「わかりました、松田さんは人を育てるという経験が少ないので、とりあえず今やっているインターネットを使った広告代理ビジネスやライティングのビジネスを教えて、人を育ててみてください。

1年くらいかけて、いろいろな人を育ててみてくださいね。

松田さんは、実際に今のビジネスで成功していますね。

次に、そのビジネスを教える事に成功してください。

引き寄せの法則を教えるのはその次です。

ですから、2017年からになります。

この1年は人を知る修行と思って、ビジネスを教えて、人に稼がせてみてください。

その時に、「できるだけセンスのない人」を選んで教えてくださいね。

ルックスがいいとか、資金力があるとか、高学歴とか、職歴がすごいとか、そういう元々優秀な人を育てるのは簡単です。

無職とか、学歴がないとか、作業時間とれないとか、そういう難易度の高い人を中心に育ててください。

そして、実際に稼がせてくださいね。

難易度が高い人を育てる事が出来れば、普通の人を育てる事が簡単になります。

センスのない人を成功に導ける人が本物なんです。

まずは、実力を証明してみてください。松田さんならできますよ。」

 

松田「ありがとうございます。1年間、やってみます。」

 

ひまわりさん「最後に、教えておかなければならないのは、松田さん自身がメンターを持っていないという事です。」

 

松田「え?ひまわりさんがメンターだと思っていました。ダメなんですか?」

 

ひまわりさん「松田さん、それは失礼ですよ。私は、松田さんの事を弟子だなんて思っていませんよ。

今日までは、義理で教えてあげているだけです。

松田さんが株で大損したり、自殺したいとか言っているから、困っているだろうと思って無料で、教えてあげただけですよ。

私の教えを無料で受け取って、弟子になっていると思うってことは、私の教えていることが無料の価値がない、感謝の気持ちなんてない、とういう事を言っているのと一緒ですよ。」

 

松田「お金なら、もちろん払います。ただ、お金の話は失礼に当たると思って言わなかっただけです・・・。申し訳ありません。」

 

ひまわりさん「失礼に当たる、じゃないんですよ。お金の話が失礼に当たる・・・なんて言っている・・・そんなマインドセットだから株で大損したりするんですよ。

お金の話は普通にするものです。お金の話をいやらしいものとか、失礼とか言っている人はお金を稼ぐことはできません。まぁ、世の中の9割の人がそういうマインドセットですけどね。

例えば、私はお金が好きだし、銀行の預金残高を見ていると安心するし、コンサル生からお金の振込があると嬉しいですよ。こんなこと普通に言いますよ。何も恥ずかしい事ではありません。

私は守銭奴ですよ。そしてケチです。無駄に人におごったりしませんからよく言われます。

ケチと言うのは褒め言葉なんですよ、お金の管理がしっかりできているという事なんで。

こんなこと平気で言いますよ。こういうマインドセットで私は信頼されて、富裕層の方々からお金の運営を任されたり、数億円の取引の仲介を任されているんです。

松田さんの会社はせいぜい、年商数千万でしょう?

数千万のマインドセットから、数億円のマインドセットに変えてくださいね。

「俺は守銭奴だとか」「私はお金に愛されている」なんていうと、文句を言ってくる人もいます。

でも、お金の話をタブー視している世間の人からどういわれようとも気にしなくていいです。

「お金に愛される生き方」と、「愛されずに生きて行く」の生き方は全然、100%違います。

例えば堀江貴文なんて世間からかなりバッシングをうけましたが、今でも富裕層ですよね。
彼のようにマインドブロックをはずして、お金に愛される考え方を身に付けていると一生お金に困る事はありません。
逆にいつまでも堀江貴文のような経済的成功者をバッシングしている人はマインドブロックを強いものにしていますね。堀江貴文が人間的に良いのか悪いのかは別の話です、私はよく知りませんので・・・。
人間的にはともかく、済的には成功しているのは間違いないですね。
お金の話をオープンにする堀江貴文とそれをネットでバッシングする大勢の人々・・・
このマインドセットの差が貧富の差にもつながるんですよ。

まぁ、貧富の差の話は別でするとして・・・
松田さんは親に仕送りをしていますね、家賃の半分が基準でしたっけ?
ご家族に応援してもらったなら、感謝の気持ちを示すのです。別にお金じゃなくていいです。
家を掃除するとか、肩をもむとかそういう事でいいんですよ。
ただ、いい年をした大人がそれではいけませんね、だから松田さんはお金と言う形で仕送りをして感謝の気持ちを示しているんでしょう。」

松田「おっしゃっている意味は、分かりました、私は大人だし、経営者です。具体的に、僕はひまわりさんに何をすれば、弟子と認めてくれるのでしょうか?」

ひまわりさん「私に価値を感じるなら1000万円払ってください
そのかわり、今まではなしていない、世の中が知らない超富裕層の本物のマインドセットや引き寄せの法則、宇宙の法則の神髄を松田さんに1年かけてコンサルします。
1000万円で、松田さんの死ぬまでに稼ぐ収入が数億円単位、いや数十億円単位で変わります。
考え方を変えれば、生涯収入が大きく変わります。
もちろん、私の教えをどう使いこなすのかは、松田さん次第です、絶対に稼げるなんて保証は一切しません。」

松田「1000万円ですか・・・・・・・・・」

 

・・・しばらく沈黙が続く

 

ひまわりさん「納得いかないなら帰っていいですよ」

 

松田「・・・分かりました、払わせていただきます。教えてくださり、ありがとうございます。」

 

ひまわりさん「あはは、松田さんも一歩前に進めましたね、「こちら側」に入門してくれて私、うれしいです。」

 

 

======

「こちら側」に入門してきてくれて、私うれしいです・・・ひまわりさんはそうおっしゃいました。

確かに、この世には不思議な力があり、成功者は意識的、無意志的にかかわらず、そういう力を使いこなしている事、そして、それは世間一般的な考え方ではないです。

私はこの非常識な選択と、非常識な1000万円なんていうお金を払う事で

 

「こちら側」に来ることができました。

この世には不思議な壁があり

それはいつでもあなたのそばにあります。

異次元というべきでしょうか・・・

壁といっても、物質的にコンクリートの壁と言うわけではく、精神的な壁なんです。

とても不思議な事です。

これは体験しないと分からないものだと思います。

キリスト教でいうところの洗礼のようなものでしょうか、仏教でいうところの出家というか・・・

言葉ではうまく言えないのですが、成功者のゾーン、エリアのようなものが存在していて、そこに足を踏み入れるのは独りでは無理で、だれかに手招いてもらわなければなりません。

私の場合はひまわりさんにその「成功者のゾーン」に入る手助けをしていただきました。

また、実際に1000万円をひまわりさんに支払ったわけではありません。

大事なのは、感謝の意志であり、実はひまわりさん自身はお金に関しては十分に収入があるので、どこかに寄付をしてきなさい、と言われました。

私は、日本の将来に貢献できればと東京大学の宇宙研究部門に寄付する、と言う形で合計1000万円を振込みました。

お金はほとんどありませんでしたが病気やケガの為に、生命保険代わりに貯蓄していた定期預金を解約したり、スーツや靴、時計などの私財を売り払い合計で1000万円を作り、全て寄付しました。

 

その感謝のエネルギーを示した結果、ひまわりさんに認められて1年間コンサルを受ける事になりました。

下記の画像は、実際に東京大学基金から発行された1000万円分の領収書です。

>>第三十七話へ続く

コメントは受け付けていません。