アインシュタイン

アインシュタインとは、20世紀を代表する理論物理学者の一人です。
1879年ドイツで生まれたアインシュタインは、チューリッヒ工科大学を卒業しました。
その後は数多くの論文を発表し、その中でも最も有名な物の一つが相対性理論です。
相対性理論は2つに分かれており、それによって理論物理への理解等も広がって行きました。
彼が打ち出した仮説は数多くあり、その一つが光量子説です。
これは光が振動数に比例した一塊のエネルギーを持つ物質として、吸収されたり放出される動きをすると言う仮説で、これによって量子力学の形成が進んだと言う背景があります。
また、物理を習う時に良く出てくる質量とエネルギーの等価性等に関しても触れており、現代社会の物理学の基礎となっていると言っても良いでしょう。
ただ実際にはこの質量とエネルギーの等価性に関して歯、原子爆弾や原子力発電の説明に使われる事も少なくありません。
アインシュタインが発表した数多くの研究論文は、実験的に現在では確かめられており、様々な理論の基礎として役立っています。
そんなアインシュタインですが、元々はドイツで生まれたのですがその後はスイス、アメリカ等で暮らしています。
アメリカに亡命した後は、高等研究所出研究を続けていました。
そして戦後は核廃絶を訴え、1955年に亡くなっています。
アインシュタイン自体は数多くの研究をしてきており、さらに彼自身が頭に思い浮かべたアイデアを数式化する事によって様々な理論を打ち上げています。
多くの人が知っているのは相対性理論を考えた人だと言う事ですが、実際にはノーベル賞を受賞した過去もある人物です。
ただその考える力・視点自体が他の人とは違っていたと言う事もあり、幼少期に通っていたギムナジウムでは少々頭が悪いと言う風に評価されていました。
また実は日本にも来たことがある人なのですが、実際にはその事実はあまり知らないと言う人も現代社会では少なくありません。

コメントは受け付けていません。