幸せな気持ちで明るくいれば運はあなたに引き寄せられる

誰しも不運なことには遭遇したくないものです。

ストレス社会と言われる昨今だからこそ運を引き寄せて、幸せで健やかな毎日を送りたいところですが、それにはちょっとしたコツがあります。
まずは、自分に対して素直になることです。

 

対人関係が複雑化している現代社会だからこそ、自分には嘘をつかず、ありのままの感情を受け入れることが大切です。

楽しい時は笑い、悲しい時は泣く、そんな当たり前の行動ができれば、それが幸せの第一歩となり、そういう幸せな人のところに運はやってくるのです。

幸せそうな人というのは、自分に素直でありながら、マイナスなことが起こっても事態を冷静に受け止め、明るく笑っていられる人ではないでしょうか。

また、そういう人は信じる力も強いものです。

物事には側面があります

良いところを見て「運がいいな、ラッキー」と考えられると、心も軽やかになります。
とにかく自分を信じることです。

それにはポジティブな言葉を発することが大切で、マイナスなことばかり口にしてしまっては、心も暗くなってしまいます。

もし、マイナスな感情に支配されてポジティブな感情を持てなくなってしまったら、鏡の前で笑顔を作ってみましょう。
笑顔の素敵な人のところに人が集まるように、運にもそういう性質があります。

もし笑顔を作れなかったら、少し立ち止まって「人生に無駄なことはない」と考えてみるのもいいかもしれません。

 

今の試練は自分が成長する為に必要なことだと思えば、心も元気になれるのではないでしょうか。

 

落ち込んでも、前向きに立ち上がるのも、時間の経ち方は同じです。

でしたら前を向いて元気を出した方が、自分にとっても周りの人にとっても幸せなことです。

類は友を呼ぶ

自分がいつも笑顔で幸せそうにしていると、不思議なことに同じような人たちが集まってきます。

「類は友を呼ぶ」という言葉の通り、幸せオーラを持っている人は、同じオーラを持っている人のところに集まります。

それだけではなく、幸せオーラには落ち込んでいる人を元気にしてしまうパワーがあります。

自分の幸せオーラが人を幸せにする、こんなに素敵なことはありません。

ここまで幸せになったら、運はきっとあなたに引き寄せられることでしょう。

 

そうしたら自然と感謝の気持ちが心に登ってくるのではないでしょうか。

いつどんな時も、感謝の気持ちは大切です

良くないことが起こった時も、自分が成長するための試練を与えてくれてありがとうと感謝をすれば、清々しい気持ちになります。

自分が幸せになれば自然と運はついてくるのです。

コメントは受け付けていません。