どうしても叶えたい願い事を実現させるために

無謀と思われることであっても、どうしても叶えたい願い事があるのなら、引き寄せの法則を利用してみるといかがでしょうか。

やり方はとても簡単で、必ず実現するという気持ちのもとに、実現を頭の中にイメージすることです。

一つの願い事に集中させる

願い事が多々ある場合は、とりあえず一番実現したい願い事に絞り込み、紙に書いておくといいでしょう。

一つの願い事に集中させることで、より強く願うことができますし、イメージが散漫になることがありません。

書いた紙を人に見られて恥ずかしいと感じるなら、手帳の目立たない所に挟む等の対策をして、一日に何度もその紙を見ながら、常々声に出して自分に言い聞かせるといいでしょう。

 

頭のなかで更に強く願い事が叶った自分を思い描くことができるでしょう。

 

頭の中に願い事をイメージする際の注意としては、ネガティブなイメージを持たないことです。

特にあれこれくよくよと考えてしまうタイプの方は気をつけましょう。

 

もし、願い事が叶って、このような事態になったらどうしよう、困るだろうという考えは、逆に悪いことが願い事として引き寄せられる可能性があるので、絶対に避けるようにしてください。

一生懸命努力しても報われないことが多いので、願い事の成就を諦めてしまう方も多いです。

自分から引き寄せの法則を放棄してしまうのはやめましょう。

 

必ず自分の願い事を叶えてみせるという強い気持ちで臨み、引き寄せの法則に関して少しでも疑いの気持ちを持たぬようにするといいでしょう。

どうしても引き寄せの法則に懐疑的な人もいますので、周囲の人から怪訝な顔をされても気にしないようにしてください。

願い事が叶った場面を具体的に想像してみる

願い事のイメージが難しいという方には、具体的に自分の願い事が叶った場面でどのように振る舞うか、想像してみるのがおすすめです。

 

例えば、受験に合格しておめでとうと言われている場面、念願の仕事に就いていきいきと働いているイメージ、素敵な方と結婚している自分等を想像し、周りの環境はどんな様子か、どんな服を着ているか、どんな人がいるのか、イメージを広げていくといいでしょう。

 

空想や妄想は自由ですので、どんどん自分が望む様子を頭の中に膨らませていくとイメージしやすいです。

 

最後に、引き寄せの法則で念願が叶った時には、ありがとうの気持ちを忘れないようにしてください。

感謝をする気持ちが、次に叶えたい願い事があった時に、イメージをするだけで運ばれてきます。

 

幸せな人には、幸せの方から寄ってきます

コメントは受け付けていません。