お金持ちになれない最大の問題とは?

私の友人の知り合いに最低の人間がいます。彼は法律の合法か違法かのギリギリのところでたくさんの人からお金を巻き上げ、多額のお金を手に入れています。人をだましてお金を巻き上げているのに、悪いことをしたという意識が全くないのです。本当に信じられません。私は彼が罪の意識もなく、毎日のほほんとなんの苦労もなく過ごしていると思うとはらわたが煮えくり返る思いです。私は彼みたいに人を平気でだますような人が許せません。彼は何か痛い目にあうべきです。その男に何か罰を与える方法はないですか。

ジャッジすることはあなたの仕事ではありません

確かに人をだますようなことをしてはいけませんね。怒りたくなる気持ちもわからなくはないです。けれども、人の非難をするようなことはやめてください。人の非難をしても何もいいことはありません。引き寄せの法則が働き、自分自身に返ってくるだけです。

ある女性芸能人に前代未聞と言われるような大きなスキャンダルが発覚ました。彼女はネットの掲示板で叩かれたり、悪口を言われたり、非難の的となってしまいました。
多くの人は、何かあるとこのように間違ったことをすると正しい道理を通そうと、その人のことを強く非難しますね。
テレビでは、芸能人のスキャンダルや政治家の不祥事があると一斉に非難して繰り返し報道します。コメンテーターは徹底的にその人を非難し、それを観た一般人も非難をするようになります。

確かに道理を通すことは大事なことかもしれません。ですが、それは私たちがすべきことでしょうか。私たちは裁判官ではないのです。人をジャッジするのは裁判官に任せておくべきです。

たとえ正義感からでも、関係ない私たちが人をジャッジしたり、非難するべきではありません。

非難の裏に隠されているもの

なぜ人を非難したり、ジャッジをしてはいけないのでしょうか。それにはこんな理由があります。

実は、人が非難やジャッジをする裏側には「妬みや羨望」という気持ちが隠されています。

「妬みや羨望」は一般的に自分には手に入れることができないと思っている時に現れる感情です。潜在意識で思っていることは実現しますので、そのようなネガティブな感情があると物事は良いようにすすまなくなります。

イギリスの元首相マーガレット・サッチャーは「お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちにはなりません」と言っていますし、アメリカの大統領ドナルド・トランプは成功者の一つの問題は、嫉妬と妬みが必ずついて回ること」と言っています。

妬みや羨望があるとそれは豊かで幸せな人生を送るための最大の問題となるのです。

先ほどの芸能人の女性は、表面的に見たら人生の勝ち組といわれる部類に入るのかもしれません。女性は容姿も端麗で、有名実業家の夫を持ち、豊かさも美しさも兼ね備えた、人のうらやむ生活を送っていたのですから。
ですが、世間から羨望のまなざしで見られていた彼女は、法律の違法を犯し弁解の余地がないほどの行動をとり、大スキャンダルを起こしてしまいました。メディアをはじめ、一般の人からも一斉に大きな非難を浴びてしまったのです。ですがこれがもし、一般男性と結婚し、多くの人と同じような経済レベルで生活していたのであれば、これほどの非難はなかったはずです。つまり、どういうことかというと、正しい道理を通すことのほかに私たちの妬みや羨ましさという感情がプラスされていたのです。

羨望と妬みは人生を破滅に導く

羨望や妬みは、あなたの人生の成功を妨げます。ですから、もし、人をだましてお金を巻き上げている人を知ってもあなたは、妬んで文句を言ったり、悪口を言って非難したり、ジャッジしてはいけません。あなたがジャッジしなくても引き寄せの法則が働き、その人は真の幸せを手に入れることはないでしょう。自分の撒いた種は必ず刈り取ることになるのです。

ですからあなたが心を悩ませる必要はないのです。周りの人のことではなく自分自身に集中しましょう。妬みの感情は成功するうえで邪魔にしかなりません。自分の内面に意識を向けて、人と比較することをやめると羨望や妬みの感情は消えていきます。

妬みの感情で人を非難するとき、私たちの感情はとてつもなく否定的なものになります。悪いエネルギーが放出され、引き寄せの法則が働き、あなたの現実になって表れるのです。

その状態をやめない限り、富はあなたのところへ寄ってくることはないのです。

コメントは受け付けていません。