お金持ちがしている行動をとってみる

私は、引き寄せの法則関連の本をたくさん読んでいます。本によく書かれているように「私はお金持ちになりつつあります」と毎日、一生懸命唱えて自分に言い聞かせています。しかし、一向にお金持ちになる気配が感じられません。「私はお金持ちだ」と断言すると違和感があるので「お金持ちになりつつあります」と現在進行形で言っているのにいくら待っても何も起こらないということは、私はお金持ちにはなれないということですか。

潜在意識を変化させるアファメーション

願望を叶える方法のひとつにアファメーションがあります。アファメーションは自分自身に対する肯定的な宣言のことで引き寄せの法則や自己啓発などの本でもよく紹介されていますね。

アファメーションは言葉で潜在意識に刷り込みを行いますが、「断言法」がしっくりこない人には「現在進行形」で行うことをお勧めしています。それはどうしてかというと、例えば、お金のやりくりが大変で苦労している人が「私はお金持ちです」と自分に言ったところで心の中ではそれを否定してしまうからです。心が拒否したものを潜在意識に刷り込みを行うことはできないのです。ですが、これを現在進行形の「私はお金持ちになりつつあります」という言葉にするとこれは間違えではないので心が拒否しないのです。

質問者の方は、それでも効果が表れないということですので、そんな時にはどうしたらいいのかをお伝えします。

願望を叶えるためには受け入れる準備が必要

現在進行形でアファメーションをしても効果がないという人は大事なことを見落としています。

それは潜在意識と顕在意識を調和させなくてはならないということです。これはどういうことかというとあなた自身が「私はお金持ちになりつつあります」という言葉を信じていないのです。

あなたが信じていないのであれば、あなたの潜在意識に刷り込みを行うことは困難です。

潜在意識はあなたが本当にそうだと思っていることをインプットするのです。

こんな例があります。小学校3年生の少女がいました。彼女は「誕生日に犬が欲しい」と両親にお願いをしました。けれども少女の両親は散歩や世話などが面倒で「大人になったら飼ってもいい」と犬を飼うことには反対しました。そしてその代わりに誕生日のには、少女が欲しがっていた犬の種類と同じ、ぬいぐるみをプレゼントしてくれました。

少女はしばらく落胆しましたが、このぬいぐるみを本当の犬のように扱うことにしました。

彼女はぬいぐるみに名前を名付け本当の犬を飼っているかのように毎日世話をしました。毎日この行為を繰り返していたのです。すると彼女は本当に犬を飼っているような気持になってきました。それから1か月程度経過すると少女のおばさんが、犬が生まれたからと少女が欲しがっていた種類の子犬をプレゼントしてくれたのです。

これはどういうことだと思いますか。

願いを叶えるためには、心が受け入れる準備をする必要があるのです。

「わたしはお金持ちになりつつあります」とアファメーションをしていても何かあると「お金がない」と思ったり、愚痴を言ったりしているようであればあなたの心は「お金持ちになる」ことを待ちわびている状態ではないでしょうか。

待ちわびているということは「お金持ちになりつつある」ということを信じていないという状態ですね。

顕在意識と潜在意識は、このように相反する思いがいつも葛藤しあっているのです。これらの相反する思いが潜在意識の偉大な力を妨げる要因となっています。

すでになったように行動する

「現在進行形」でのアファメーションを勧めているのはこの葛藤をなくすための方法なのです。ですが、多くの人はそのことを理解していません。心を伴わない薄っぺらな口先だけの言葉でアファメーションを唱えているだけなのです。

口先だけの言葉では潜在意識に刷り込みを行うことはできません。それどころか顕在意識にも拒否されるのです。この状態を改善するには、実際に行動をすることです。「私はお金持ちになりつつある」とアファメーションをするのであれば実際に小さなことでもいいですので何か行動をしてみてください。お金持ちになったようにふるまってみるのです。

アメリカの自己啓発作家のアンソニー・ロビンスは「人生において、多くの人が何をすべきかを知っているが、その知っていることを実際に行う人はほとんどいない。知っているだけでは不十分だ。あなたは行動を起こさなければならない」と言っています。

ですからネガティブな思いを捨て去り、今すぐお金持ちになったつもりで行動を起こしてみましょう。

コメントは受け付けていません。