お金持ちになる法則とは?

「貯金」と「稼ぐこと」どちらを優先するべきでしょうか。「貯金」を優先するとお金を使うことに抵抗を感じますし、お金を稼ぐことを優先すると経費がかかって出費が多くなります。お金持ちになるためにはどちらを優先するべきかジレンマと戦っています。どうしたら解決できるか教えてください。

お金持ちになるには不足を考えない

「貯金をしなくては」「稼がなければ」という思いは、どちらも不足から発生するものです。ですからこういった視点から物事を考えるのはよくありません。どうしてかというと「貯金」とは、元をたどれば、お金がない不安や恐怖から解消されたいという願望の表れですよね。「自分はお金を持っている」と感じているのであればお金は「貯金をしなくてはならない」ではなく、「貯まっていくもの」です。

「稼ぐこと」も同じですね。私たちは生きていくために「働いて稼がなくてはならない」と考えていますよね。この考え方は、一生懸命に努力して働くことがよいという、考えが身についているからです。私たちはこどもの頃から一生懸命に勉強するのがよい子、つまり勤勉は良いことだと教育されてきたからです。

私はお金や仕事に対して全く違った見方をしています。日本には「一生懸命に働いてお金を稼がなくてはならない」という風潮があります。ですが、私は「一生懸命努力をして働いてお金を稼ぐこと」はいいことだと思いません。それよりも「無駄な努力をしないでできるだけ楽にお金を得られるほうがいい」という考えです。
勤勉と言われる日本人の常識から大きく外れるようなことをいうには理由があります。
努力や根性でお金がない不安を解消するために嫌々働いていると考えがネガティヴなものになってしまうからです。

お金と付き合うにはバランスが重要

貯金をする人ほど、守りに入ってしまいます。つまりお金が減ることが怖くて何事にも挑戦することができなくなってしまうのです。一時的にたくさんのお金を稼いだ人は、調子に乗って無駄なものにお金を使うなど消費が激しくなります。どちらもお金と正しく付き合うことができていない状態ですね。お金と正しく付き合うためにはバランスをとることが大事なのです。

ここでこれらをふまえて質問した方への回答をさせていただきます。

「貯金」と「稼ぐこと」に優先順位をつける必要ありません。どちらかを優先させることに意味はないのです。
それよりも大事なことは具体的に目標を決めて、潜在意識を変えるのです。できることを積み重ねて継続していけば質問のような悩みはなくなるのです。
あなたが貯金をするか稼ぐのかどちらにしたらいいのか悩んでしまうのは目標がないからです。ただ「お金が欲しい」という思いだけをもっているからなのです。ですからあなたがどんなことを成し遂げたいのか具体的な目標を立ててください。もしも具体的な目標がわからないというのであればせめて「1000万円貯める」というようなものでも構いませんからとにかく目標をはっきりさせることが重要です。

こんな例があります。薬剤師として薬局で働いている20代の男性がいました。彼は「あと35年働けば私は退職金がもらえるのです」と言いました。私は、まだ若い彼が本心では自分の薬局を持ちたいと思っているのにもかかわらず、定年まで勤めようとしていることに疑問を感じました。彼はお金がないという理由で自分の成し遂げたいと思っていることをあきらめていたのです。

潜在意識の3つの力を活用する

ここで潜在意識を活用するための3つの方法をお伝えします。
①具体的な目標を持つこと
②その目標を潜在意識に刷り込むこと
③潜在意識は無限の力があり、あなたの望むを何でも実現してくれると信じること
彼は潜在意識を活用して自分の目標を叶えるために素直にこの方法を受け入れました。
彼は薬局に勤めながら、毎日自分の店を想像しました。しばらくすると彼は突然解雇されてしまったのです。ですが彼は希望を持ち続け、自分にできることに専念しました。まもなく、大手の薬局で働くことになり、そこで実績を積み、自分の薬局を開業することができたのです。
ですからお金を貯めるか、稼ぐかということよりもなりたい自分の姿を考えるのです。

具体的な目標が決まったら、それを自分が実現した姿を想像して潜在意識にひたすら刻むことです。

潜在意識はあなたの目標を実現する道を教えてくれます。ですからなりたい自分の姿を想像してそのようにふるまってください。そうすればあなたはなりたい自分になれるのです。

コメントは受け付けていません。