人は豊かになる権利があります

「誰もが裕福になる権利がある」と本で読んだことがあります。もし、これが事実だとしたら世の中のほとんどの人はこの権利を放棄していることになりませんか。裕福になる権利があるなんて信じられません。私はどうして豊かになれないのでしょうか。私は何か間違ったことをしているのでしょうか。

裕福になるテンプレートとは

その通りです。ご指摘いただいた通り、世の中のほとんどの人は裕福になる権利を放棄しています。人には基本的人権と同じで誰でも裕福になる権利があるのです。ですが、世の中のほとんどの人がこの権利があることさえ気が付いていないのです。

ではどうしたら裕福になる権利を使うことができるのでしょうか。それには裕福になるためのテンプレートを知る必要があります。それは何かというと「私には裕福になる権利がある」と心の奥底から信じることです。

心の底から信じることができた人だけが裕福になれるのです。このテンプレートを置き去りにして裕福になることはありえません。どんなに頑張ってみたところで「自分が裕福になる」ということを信じられなければ裕福になることはないのです。つまり心の底から信じられることがこの権利を使うポイントなのです。
実際には、ほとんどの人がこれと反対のことをしているのではないでしょうか。

裕福になれない最大の罠とは

「私はお金がない」「もっとお金が欲しい」とテンプレートと真逆のことを考えている人がほとんどです。ですが、これは仕方がないことです。

なぜならみんな苦しくても努力して頑張らなければならないと教わってきたからです。信じるというだけで自分の願望が叶うとは到底思えないのです。ですが、実はこれが最大の罠であることに気付かなくてはなりません。
その人の思考をそのまま表しているのが潜在意識です。潜在意識はその人の現実を作っています。ですから「苦しくても努力しなければならない、信じるだけではかなわない」と思っている人はそのような思考が現実となり、その通りの人生を歩んでいるのです。
そういう話をすると「私はこんな人生を望んでいない。人生は思うとおりになっているというのは嘘だ。私の人生は私が思った通りになんてなっていない。過去を振り返っても望んでいないことばかりが起こっている」という人がいます。

ですが、その人は大事なことに気が付いていません。その人の人生は意識した願望ではなく、無意識にいつも考えている通りになっているのです。つまり、その人の潜在意識の通りになっていることに気が付いていないのです。裕福になる権利も同じことです。本当は、誰にでも裕福になれる権利があるのに頭の中ではいつも「お金がない」「もっとお金が欲しい」とお金心配ばかりしています。

ですが裕福になる権利を使うためには「裕福になる」と心の底から思うことが大事なのです。

裕福になる権利を使うために行うべきこととは?

では裕福になる権利を使うためにどうしたらいいのかお伝えします。まず最初にするべきことは言われたとおりに素直にそれを実践してみることです。

つまり、お金の心配をやめて「私には裕福になる権利がある」と信じるのです。毎日、裕福になった姿を具体的に想像してみて潜在意識に深く焼き付けるのです。そしてこの権利を使うときに大事なことは潜在意識について理解をすることです。潜在意識は外側の要因、例えば、その時の日本の経済状況ですとか株価の変動などには全く関係はありません。あくまでも現実を作っているのはあなたの思考なのです。ですから、万が一、お金の価値がなくなるような出来事が起こったとしても潜在意識を操り、富を手に入れた人はそのまま富を引き寄せ続けることになるのです。
現在の日本は不況です。格差社会が広がっていますね。今後、人口が減り、人工知能の発達により雇用が悪化すると言われて、ますます二極化すると言われています。
ですが、そんな中でも豊かさを手に入れたり、富を生み出している人たちがいるのです。その人達から、思考を学べば潜在意識を使うポイントをつかむことができます。

彼らは、外側の動きとは全く関係なく、自分の潜在意識を使えば、富を受け取ることができるということを心の底から信じているのです。

権利というものは、どんな状況にあっても失われないものです。例えば「不景気だから生活が苦しいのも仕方がない」などという考えを持つことはこの権利を放棄しているのと同じことになるのです。

コメントは受け付けていません。